スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任意角蛇腹での幅変換

従来、経験則的に45度蛇腹(ボックスプリーツ)で2倍、3倍、n倍幅変換構造が存在することが知られていました(理論的に存在することは、2014年11月頃に道場貴大さんが示しています)が、任意角蛇腹でも幅変換構造が存在します。
具体的には、下のような構造になります。
任意角蛇腹での幅変換
任意角の3,4倍幅変換
これらの構造がn倍の場合にもあることは、理論的にはまだ示していません。今後示す予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レオンハルト

Author:レオンハルト
創作折り紙や折り紙設計理論をやります。
数学や小説なども好きです。
なお、当ブログはリンクフリーです。リンクして頂いた場合、お礼を申し上げたいので連絡を頂けるとありがたいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。